瞑想について


瞑想について

「人」即ち「生命 の個体化であって
「生命」即ち 「霊魂」であり
「霊魂」は「生命 のメッセージをのせています。

  A Course in Lightを習得し、特に毎日の静座瞑想をしている時に身体は反応が起き、例えば、痒み、痛み、だるい、冷え、膨張感・・・等を感受します。
  これらの現象はつまり、体内が濁っている。邪悪の思想疾病、カルマの気・・・を量子学の方式で現わし、顆粒状であらゆる道路を通じて体外に排出します。
排出する場所は手の中心点(穴(つぼ))、両足の湧泉穴、頂輪上の中心点及び全身の毛細孔などがです。

静座・禅座・浄座

静座

  静座の目的はあなたの思惟の力を集中する事です。※思惟・・・深く考えること。
  静座とは、自由な形で座る方式をとり自分自身を安静にで きるように、つまり生きる事(生命)の上にエネルギーを外に向け消耗しない事です。 漢方医学の観点では、人の一生は常に陽の気を消耗しているプロセスであり、陽の気が消耗しきった時、生命も終了に等しいです。漢方で言っている「陽の気」は即ちあなたの内在に貯存しているエネルギーです。
  消耗しているエネルギーは体のエネルギーだけではなく、 あなたの内在の心智でもあり、即ち生命内在に存在している生きるエネルギーの事です。


静座する事はつまり生命を探索する事、この課程の習得にとって非常に大切であり、静座する時の式次第はまず心 を静ませる事、次は、「覚性」と「霊性」を持って静黙に入ると自然に習得者は最初の感覚(例えば、冷たい、熱い、痒い・・・)状態 から抜け出し、「知覚」状態に入る事になります。
よって、日常生活の上で知覚を持ち、物事はその意識の変化に沿って変わっていきます。

禅座(静心瞑想)

心を静め、安静状態の中に深く静寂に入る事、安静のできる人また座禅の状態に入れる人達は即ち「覚性者」です。覚性をしている人達は常に自分を見つめ、気づく事に心を集中し、円満の境界をめざし、慈悲の心、智慧があり、包容力の発展に向けます。

人間は過ちを起こし、後悔をします。
  courseを学ぶ人達つまり光の修行者は懺悔をします。懺悔の意味は、 因果関係の境界を認識し、自分が作ったカルマの「原因」により形成した「結果」その障碍や壁を抜け出し、意識を入れ変える事であり、「後悔」と「懺悔」、二者は異なっています。

  「覚性」は禅座を修得する事の最初の目標であり、「覚性」即ち覚悟(知覚と悟る事)、 心の中の本質を開発し、覚察、知覚する能力です。開発する事で、当然、輪廻転生、因果カルマ境界の中に陥る事から抜けます。

  この課程を修得する事は、内在の智慧を引き出し、目の前に現われた人達を引導し、相手を助け、事件、自己により引き起こした最初の「因」を覚悟(覚察と悟り)に変化し、輪廻や因果の境界の最終の「果」より離れる、これが智慧の方法、また学習及び日々の修行の目的です。

  禅座の最高境界は、清浄の中で「浄座」する事です。

浄座

  人は智慧を持って生きる事を探索すれば、 最終的には自分自身を深く浄化したくなり、この段階に入る人達は生命の内在本質を見つけたい一心であり、つまり、あらゆる「執着」から抜け出したくなり、これが「浄座」です。

  地上の制限は人達に「法着」を作り、規律ある法則である実相(リアリティ)に入り、秩序ある宇宙法則です。このように円満の境界に向け調和をとる事、 つまり「執着」と「法執」、この二つを破り、初めてまことの悟りを得る事になり、悟る段階に入る事は即ちまことの「生命の修行」の始まりです。

身(健康)   心(喜悦)   霊(解脱)

この3つの清浄(清め浄化する事)状態は即ち、円満、均衡(バランス)、整体を持つ事です。
Rinpoche Yundantrinley Dorjeの言葉より参考

各色の基本作業内容と目的

白色の光

浄化と保護が基本。時々、訳のわからないままに怒ってしまう自分、 それは長い間に累積したマイナス思考、不満です。その雑質を解き放していきます。

金色の光

失望、寂しさ、圧力を感じた感覚。いつも混乱し てしまう自分。思考が止まっているのを感じる自分、頭の痛みなどを開放します。

ブル―色の光

自分が作った虚妄理念で起きたマイナスの思考、言葉、物事の中に常に同じ事件を繰り返し、また同じスタイルで対応している自分を抜け出す。

エメラルドグリーンの光

バランス・調和・豊かな生き方を手に入れ、目標と理想を具体的にし、比較的高い自我(ハイヤーセルフ)とコミュニケーションをとり、夢を達成します。

紫色の光

時代と現実に合わない心が崩れている自分の願望、矛盾の現象、内在の心の中に隠していた嫉妬心、憎み、恨み、悪念の感情を引き出します。例えば自分の思想を基準にいつも人をコントロールする・・などを神聖なる人生目標に入れ換えます。

ルビーレッド色の光

身体の低い波動により、その影響から起こった思想形態は磁石のように自分の身体に付着しています。生きる事にいつもあがき。累世の因果関係、その為に崩れてしまったバランスは覚醒した後に意識の提昇が始ります。

オレンジ色の光

発信と受信のチャクラの場所です。神経系統と関わっています。緊張や圧力、激動など、内在の焦りと不安の症状を感情に表し、マイナスの習慣性の思考がある為、内在の深い所の焦りを敏感に感じたりします。人間関係の中で虚妄影像を作り、自分の見方で判断します。このように過去の経験や思想スタイルに影響している部分を燃焼します。

ピンク色の光

ピンクのエネルギーは愛の波動です。神聖なる愛を引き出し、自分の生命力は昏睡・暗闇の状態から新しい秩序ある生活環境に、もっと良い家庭、人間関係、事業、その基礎をしっかりと作り上げます。雑から純へと整理、統合した後、自然にあなたは喜悦と調和を手に入れるでしょう。

紫水晶色の光

勇者になるには、智慧を手に入れ、成長と理解を獲得します。。生活をしている時、自分の心の中にある矛盾を処理するのがAmethystです。矛盾がある為に自分は自己否定、人達との間に言葉の衝突、対立関係をつくり、矛盾は生活の中の印象、経験、失敗など、全て感情や理性の中に意識を植え込んでしまいます。これらを解除するエネルギーです。

ミントグリーン色の光

新しい思考、新しい自我、新しい経験を手に入れます。細胞と器官系統を活性化、新しい知覚を開き、昏睡状態の心識を新しい生命に覚醒させる、すばらしいエネルギーです。

スカーレット色の光

情熱は生命、生きる事の本能です。自分と対面して見つめる時、古い習慣・性格により習慣性的に起きた人達との間の思考と行為、自分の内在の侵略性と対権力への欲望、人に敵意識を持つ、否定する等を浄化します。真実の自分を作り出すのが目的です。


<ページのトップへ戻る>